業務内容


CATV工事・アンテナ工事

CATVは、建物に設置したアンテナでは映りが悪い地域の
電波障害解消を目的として始められ、現在では双方向・
光ファイバーシステムと発展し、多チャンネルの
番組サービスをはじめ、インターネットサービス、ゲームの
データー配信サービス、カラオケ、ホームセキュリティ、
CATV電話、緊急地震速報サービスなどあらゆるサービスに
利用されています。
弊社では建造物による電波障害調査から改善工事、および
CATVのシステム設計、施工、保守管理まで一貫した体制のもと行っております。
また、地デジ・BS・CS対応アンテナ(戸建・集合住宅等)の施工工事も行っています。
地域のケーブルテレビ会社様より委託を受け、幹線新設、宅内への引き込み工事、集合住宅への
導入工事なども行っており安定した電波の供給が行える様取り組んでおります。


移動体基地局の施工実績

携帯電話基地局の施工工事とは、基地局(有線ネットワーク)の中継点と電話機が無線で通信し、様々な通信サービスを
移動しながら受けられるようにすることです。
基地局とは、携帯電話と直接交信する携帯電話の末端にあたる
装置のことをいい、電柱やビルの屋上、建物の天井などに設置
されています。
携帯電話が基地局と無線(電波)で交信できる範囲を一般的に
『通話エリア』と呼びます。
基地局のタイプとしては、建物にアンテナや無線機を付帯設置させるタイプと鉄塔を新設して付帯設置
させるタイプの2つに分かれます。
弊社は、携帯電話会社の無線電話基地局の施工工事を行っています。


防災行政・消防無線システム

防災行政無線システムとは、災害時には、災害の規模、危険な
場所の位置や状況を把握し、いち早く正確な災害情報を住民などに伝達するためのシステムです。
平常時には子供達に帰宅を促す時報や、住民に役立つ行政情報を定期的に放送することができます。
防災行政無線には、都道府県向け防災行政無線と市町村向け防災行政無線があります。
都道府県向け防災行政無線とは都道府県と市町村、警察や消防署
などの防災関係機関との間を通信ネットワークで結びます。
地上系と衛星系の2つのネットワークで、音声や映像、FAXのデータ情報を送受信します。
市町村向け防災行政無線とは、市町村単位の「地域防災計画」に基づき、地域住民の生命、財産の保全、福祉の向上など、住民の安全を確保するための通信システムです。
弊社では都道府県向け防災行政無線および市町村向け防災行政無線の工事を行っております。


太陽光発電システム施工実績

太陽光発電システムとは、太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える【太陽電池】を使った発電システムの事で、大枠太陽電池を配置した【太陽電池パネル】と、太陽電池で発電した電気を
家庭用の交流100Vに変える【インバーター】で構成されて
ます。
また、その他には電気の逆流を防ぎ集電する接続箱や電力売電
メーターなどが加わります。
そして太陽光発電のエネルギー源である太陽光は、太陽が活動し
続ける限り枯渇する事の無い、いわば再生可能な無限のエネルギーといえ更に、発電の際に地球温暖化の
原因とされている二酸化炭素(CO2)や有害物質もまったく排出しないクリーンエネルギーシステムといえます。
弊社も地球環境に貢献する企業として、近年のエネルギー情勢の変化により再生可能エネルギーに
関心が高まっている中、クリーンなエネルギーを利用した太陽光発電事業に取組んでおります。
現在、一般住宅を始めとし、公共施設や福祉施設、企業などさまざまな施工実績を蓄積しています。